松久宗琳・作「弥勒菩薩」ブロンズ 複製

昭和の大仏師と慕われた故・松久宗琳先生が挑んだ
京都広隆寺の国宝(指定第一号)『弥勒菩薩半跏像』

【仕様・体裁】
 原型制作 松久宗琳

 材質=ブロンズ 天地=60cm 左右=31cm 奥行=29cm
 重量 約15kg 監修 松久宗琳仏所

税込価格 810,000円(本体価格 750,000円)


松久宗琳先生は、数多くの傑作彫刻を制作し、“昭和の大仏師”と称賛され、わが国の仏像彫刻界に偉大な足跡を遺しましたが、平成四年に惜しまれながら他界されました。この「弥勒菩薩」は師が生前制作した木彫原型をブロンズ像にしたものです。

ホームページへ戻る
広隆寺の弥勒菩薩について 
釈迦の入滅から五十六億七千万年の未来に仏として出現し、衆生を救うといわれる弥勒は古くから多くの像がのこされていますが、京都太秦の広隆寺に残る弥勒菩薩像は、特に多くの人に愛されてきた最高傑作です。広隆寺が創建されたのは、飛鳥時代の推古11年(603年)。帰化人秦河勝が聖徳太子から賜った仏像を本尊としてこの寺を造ったとされており、京都では最古の寺になります。その賜った仏像が、この弥勒菩薩像です。彫刻として一番最初に国宝に指定されたのもこの弥勒菩薩像で、アカマツの一木造りで、像高は125センチで、現在は広隆寺霊宝館に安置されています。
松久宗琳 略年譜
1926年 仏師・朋琳の長男として京都に生まれる
1941年 朋琳の薫陶により仏像彫刻の道に進む
1962年 朋琳と相携え京都仏像彫刻研究所(現・松久宗琳佛所)を創設
1969年 滋賀・延暦寺及び京都・鞍馬寺の三尊仏を制作
1973年 宗教芸術院を創設、院長となる
1979年 大阪・四天王寺太子奥殿の聖徳太子像、四天王像、
     滋賀・延暦寺総持院の五智如来像を制作
1986年 京都・金閣寺の足利義満像制作
1989年 青森県恐山の仁王像と石川県那谷寺の丈六仏、十一面千手観音を制作
1991年 千葉・成田山新勝寺の千手観 音など等身大木彫仏四体制作
     この間、京都仏像彫刻研究所長、松久仏像彫刻会館館長などを歴任
     四天王寺、延暦寺、成田山新勝寺から大仏師の称号を受ける
1992年 死去

Copyright 2006 Mainichi Art Shuppan Co., Ltd.All rights reserved